職業の上に、自称が付かないようになりたい・・・。


今でこそ、個人事業主です!と言って、ブログまで作っている私ですが、仕事を始めたばかりの頃は、いつまで仕事が続くか心配でした。以前書いたとおり、仕事の相性というものもあります。すぐ辞めてしまうことにならないか、心配でした。


フェルトで作ったバラです。カラフルに見えるものは、折り紙で作ったしおりです。どれも簡単でお勧めです。


無職になったらどうしようと思っていて、無職という言葉が持つ恐ろしさを感じていました。派遣会社から次の仕事を勧められても断って、個人事業主になったのに、すぐ無職になったりしたら、格好がつかないと思っていました。(今思えば、その拘りが一番格好がつかないとも思えます)

そんな漠然とした霧のような不安を払拭するために、私は頑張りました。今も無職への不安はまったくないわけではありませんが、本業に対する自信が深まったことと、少しではありますが、本業以外に働けることもわかってきたので、以前ほどは不安や心配はありません。ちょっとした金額や仕事でも、自信がつくこともあるんですね。

あの頃、よく考えていました。あってほしくはない話ですが、私が何らかの事故・事件に巻き込まれてしまうことがあれば、地元紙やテレビなどで、「無職」もしくは、「自称 個人事業主(もしくは自営業)」と書かれるのか、とても気になりました。テレビのニュースなどで、「自称 〇〇(職業)」と流れているのを聞くと、「本人だけが、こう言っているけど、実は違います」と画面越しに言われているように思えていました。

そこで思い出されるのが、以前、ネットで話題になっていた、「自称」の取り扱いです。「本人が職業を伝えていても、警察関係の人が裏をとれなければ自称になってしまう」というものでした。
ただ、警察発表では「自称〇〇」とあっても、報道する側が裏をとれていたら、自称が外れることがあるそうです。今は、本業で確定申告しましたし、仕事先との連絡もとれたら、自称扱いは外れるかな~と思ったりしています。

これからも、「自称」がつかないように、走り続けていきたいです(そっちかい!と突っ込まないでくださいね、結構本気なんです)。
なんといっても、警察のお世話にならずに済ませたいというお話でした。


ぱくたそさまからいただきました。きれいです☆




上にあるバラの画像は、フェルトを切って丸めて作ったものです。
カラフルなものは、折り紙で作ったしおりです。しおりをお菓子を入れる紙に包んでいます。
しおりは、きれいな色・柄であれば、折り紙でなくても、例えばコピー紙などでもできてしまいます。

いろいろやっておかないといけないことがある・・・(家族の死亡に際して)

家族が亡くなってから、1か月近く経ちました。 死亡届と火葬許可証に関する手続きは、葬儀屋さんにしてもらい、あとは家族である私たちが行うことになります。 葬儀社の方から、市役所に行って行なう手続きについてのプリントをいただいてから、いろんなことがありました。 葬...

人気があった記事です。読んでみてください。