寒くなりかけています・・・そんな時の仕事着。

寒くなってきました。他の地方と同じように、広島も寒くなりかけています。
昨日の天気予報では、冬将軍がくるとのことで、油断ならない時期に入ってきました。インフルエンザの注射も未接種ですし、体調管理には気をつけないといけません!
できるだけ温かく過ごしたいし、電気代も(できれば)節約したいし、そんなときはどうするか。まずはじめに、仕事着について、考えてみるのも良さそうです。


個人事業主として働くには、無駄な出費も抑えたいところです(いくら、按分として計算できて、確定申告の材料になるとはいえ・・・)。温かくして、心地よい状態にすることで、仕事をしやすい環境に一歩近づけられます。居心地の良い場所で仕事をしていると、気分も穏やかになれるような気がします。

父が遺したものの中に、普段着がありました。
大したものではありません。農作業でもできそうなもの、部屋着やゴミ捨てなどちょっと出かける時に使えそうなものです。父と私の背丈の差はあまりなく、娘の私でも十分に着られます。
他にもらうような人がいなかったので、勝手にもらいました。

畑仕事(猫の額ほどですが)や普段の仕事着に、父が遺した服を使っています。何枚か着ないと寒いですが、洗える素材の服を重ねて着ることで、ちょっとだけおしゃれを味わえます。ただでさえ、冬場は洋服が乾きにくいですから、枚数があることはちょっと助かります。

ただ、身内が言うには、上下そろって亡くなった人の服を着るのは良くないそうです。特に認知症の傾向をもつ人の前では危ないそうです。
亡くなった人が生きて帰ってきた!みたいな感じで、パニックになるらしい・・・真偽は定かではありませんが、さもありなんと思われます。無駄に、脳が震えるようなことを起こしたくありません。
母が混乱を起こさないように、普段から持っているものをプラスして使うようにしています。

以前書いたかもしれませんが、ひざかけを背中にかけると温かいので、私はストールのように、正義の味方のように使っています。意外に思われるでしょうが、背中には寒さが結構くるのです。以前から使っているものを一番上に置いているので、混乱は少なくなるかもしれません。そして何より温かいです。

窓際に断熱材を貼るなど、お部屋をDIYしてみることで、より温かくなるでしょう。
それも併せて、薄手の服を重ねて着るのも楽しそうです。おしゃれと心地よさが共存できるようにしていきたいです。


今日も、画像をぱくたそさまからいただきました。
ネット環境と電話があれば、住んでみるのも良さそうです。

人とのつながりを大事にしたいと思います。

個人事業主で家で働いていると言うと、かなりの確率で言われるのが、淋しくないかというものです。
在宅で働いていると言っても、一人で仕事に取り組むわけではないので、特に淋しさは感じません。私だけかもしれませんが・・・。

仕事柄、家にいてもいろんな方々と話すので、まったくの孤独ではありません。
認知症の症状が出ているとは言え、階下に母もいます。

とは言え、前職と比べてみると様々な違いがあります。
通勤中、JRの中から眺めていた稜線や水面などの景色は、遠い記憶となりつつあります。駅から、職場にたどり着くまでの間、並ぶ民家の間からお花を見ては、季節を感じることもありましたが、それもなくなりました。大きなビルに入っていって、大勢の人と仕事をしていたことも懐かしい思い出です。

淋しくないか、と聞かれるのもそのへんにあるのかと思われます。
確かに、一人孤独でいることは心身ともに良くなさそうです。SNSなどで、つながりを保ち、情報をわけあって、精神上の健康を保ちたいところです。私から何か有用な情報を皆さんにお渡しすることはありませんが・・・。
その延長で、町内会の集まりにもできるだけ、出ようとも思います。

どのような職種であっても、一人でいることが苦手な人は在宅での仕事は難しいかもしれません。それでも、山の奥などにいない限り、人間まったく一人ではありません。
在宅になったら、他人とのつながりは大事だと痛感します。
お金になるならないは無関係です。どこかで支えてくれているかもしれない、人の力を大事にしたいと思います。

画像は、以前山口県で買ったおみやげです。
私も、いろんなものを作れるようになっていきたいです。

いくつかの手をもてるようになる・・・長く仕事を続けたいものです。


仕事をするにあたって、どういった姿勢で仕事をするか、考えることがあります。
働く人の数だけ、大きく稼いで仕事を終わらせたい、細く長く仕事をしていきたい、など仕事観があるでしょう。
私の場合、どっしりと長く仕事をしていきたいと思っています。ちょっと欲張っていますね。


なぜそう思うかと言えば、今後(今もそうですけど)、年金を受け取りできる年齢がずれていくからです。今後の受給年齢がどうなるか、想像するだに恐ろしいものがあります。
それだけ若年層の人口が少なくなり、高齢期の人口が増えていきつつあるのでしょう。私もそれほどないお金を養老保険などを使って、当面使わずに済みそうなお金はできるだけ増やしておきたいとも考えています。なかなか難しいお話ではありますが・・・。

年金に頼るにはまだまだ年月がある、そもそも老後は年金で賄えるかとても危なっかしい、その前に仕事を続けられるか、収入を得られ続けていけるか、働く世代にはいくつかの課題があるように思われます。よその国の景気一つで、多くのことが吹き飛んだ過去があるではありませんか。


憧れは、猫ちぐらを作っている職人さんです。
大人気の商品をわが手で作る、幸せではないかと思います。
私には、猫ちぐらは無理でしょうが、本業と別のことで仕事をしようという夢があります。いくつかの手をもてるようになれるよう、精進したいです。

カフェで働くおばあさんの画像を見て、年でも働ける機会があれば働きたい、そのためには日々できることや知識を増やしておいたほうがいいかもしれないと思いました。


上2つの画像は、以前見たキルト作品で、撮影許可を頂いたものです。素晴らしいですね。一番下の画像は、ぱくたそさまからいただきました。手仕事ができるように夢を込めて。






プチリフォームというほどではありませんが・・・

昨日、今日と台所の一部を塗ってみました。塗るといっても、スプレーを吹き付けまくるというもので、プチリフォームというより、「台所がぼろになりかけたので、吹き付けてみた」だけです。


我が家の台所は、シンクとガス台を除けば、ほとんどが木でできています。
当たり前と言えば当たり前ですが、表面がとれてしまって、残念な感じになっていました。経年劣化というものでしょう。

昨日の夜、ガス台の下をスプレーで吹き付けてみました。
母の脳に影響が出ないよう、事前にスプレーをかけることを説明し、その間に母はテレビを楽しく見ました(NHKで楽しそうな番組をやっていた)。認知機能のぐらつきがないようにと、以前の色とそれほど変わらなさそうな色をスプレーし、吹き付け終わった後も、何度も色が変わったことを伝えました。

いつも使っている場所がいきなり変わると、動揺するかもしれないと思ったのです。

今朝、一部だけ色が変わった様子を見て、「何、これ?」とびっくりしていましたが、事情を話すと思い出してくれたようでした。
母も経年劣化とは言え、ぼろっぽくなったぼろくなった台所を見るのは、内心嫌だったようです。

しかし、スプレーを吹き付けただけで、部屋は随分変わりますね。
本格的にペンキ塗りをしてみるのも良さそうですし、小物を使ってみたり、塗らずに壁紙とかリメイクシートなどを駆使してみると、よりいい感じになってきそうです。

これは、もしかして仕事部屋のちょっとしたDIYにつながるかもしれないと思いました。
家は生きているとよく言われます。家の一部である部屋を、ちょっと変えてみる、手を加えてみることで、家はより生き生きとしてきます。
より良くなった部屋にいると、職住一体である私のような個人事業主には、良い影響が出そうです。

1か月ちょっとで、新年を迎えます。
整理整頓、仕事部屋をアレンジしてみることで、仕事へのスタンスもより良い方向へ変わるかもしれません。
さすがに、ここまで大胆に塗っていません(;'∀')

仕事前に小さな畑を耕したり、簡単なDIYをしたり、デイへ出かける母を見送ることができるのも、個人事業主ならではかもしれませんね。ささやかな幸せを、ちょっとずつかみしめてみたいと思いました。

画像は、ぱくたそさまからいただきました。

認知症患者と共に暮らすこと

家で働いていると、認知症患者と共に暮らすことにつながります。
人のことだと思っていたことが、自分につながるとなると、しんどいことが多いです。

暴言・暴力は落ち着き、トイレと徘徊問題はないので、偉そうに言える筋合いはありません。ちょっとしたつまらぬぼやきとして、お読みいただければと思います。


どうやっていけば、症状が落ち着くか、うまくやっていけるか、ネットで調べることがあります。あと、お医者さんから聞いてみることもあります。
どの病気もそうでしょうが、認知症はいろんなタイプがあり、しかも複合化(例えば、アルツハイマーのピック化)があったりするので、ややこしいです。
この人に良くても、母に合うとは限らない。でももしかして、と期待をかけることがあります。

同じことを何度も聞かれて、疲れます。時には、腹が立つこともあります。
どんな優れた聞き手でも、5回以上同じことを聞かれるのは、疲れるそうです。
ネットで紹介されていた、笑って、お母さんもう5回目よ!と言えるうちは、こころに余裕があるうちで、こちらがせわしいときに、何度も何度も聞かれると、つい知らん、とか言ってしまいそうになります。

きっと、認知機能が落ちた相手と向き合って、腹が立つことがあるのは、それだけ真摯に向き合ってきていることではないかと思います。
お医者さんは、否定せずに話を聞くように、怒ってはダメ、と言いますが、これができたら聖人になるのではないかしら・・・人間修行ですね。

最近は、仕事場に同じことを聞きに何度かやってくることが減りました。家で働く者としては、助かります。
いわゆる症状が落ち着いたことでしょうか。次から次へとやってくる症状(BPSD)に向き合う辛さと対峙して、私たちは強くなっていくのかなと思います。


在宅の一つ良いところは、親の通院に付き合えることでしょう。
これが会社勤めだったら、周りに謝っているに違いありません。母は外で働いてほしいと言いますが、いくら休暇をとることが労働者の権利とは言え、親のためにしょっちゅう休んでいたら、すぐに辞めなければいけなくなります。

まだまだ、私の母より大変な人もいっぱいいらっしゃると思います。あなたよりずっと苦労していると思われるでしょう。
報われることのない病気と向き合う辛さを味わう人が減っていくのを願いながら、私も含めて皆さんのやるせなさを減らしていきたいと思う私でした。

画像は、ぱくたそさまからいただきました。


気になる食べ物。家で働いていて、そろえてよかったもの。

個人事業主になってから、毎日、在宅という形で働いています。
したがって、お昼ご飯も家で食べます。
食材をそろえるようにしているのですが、時にはうまく揃わないこともあったりします。

ここから先は愚痴になってしまいますが((´∀`))・・・今、最も近いスーパー(歩いて10分強)は改装工事中です。それに伴い、歩いて20分以上かけて系列のスーパーに足を運ぶことになります。認知症の症状がやわらぐことを狙って(願って)、歩きます。そんなに歩くのかと思われるでしょうが、免許がないので歩くしかありません。

コンビニがないのか?と思われる向きもあるでしょう。地方に住んでおりますので、15分以上かけて歩かないと、コンビニにたどり着けません。買い物難民とは、私たちのことかもしれません。


それにしても、スーパーの改装工事が夏場だったら、大変なことになりかけるところでした。あまりの暑さに、体調を壊すところでした。かと言って、大雪の時期だったら、それはそれで大変だったことでしょう。なんかの罰ゲームになってしまいます。

そんなとき、大雨などの災害で出かけることが難しいときは、どうすればいいか考えます。先手を打っておかないといけませんね。
個人的には、簡単に料理ができそうなものをそろえておくと、便利かもしれないと考えています。カップ麺、長持ちしそうなお菓子、チャーハンの素を入れておきます。
調べたら、他にも良さそうなもの、例えば日持ちしそうなものがあるかもしれません。火を使わなくても食べられるものが他にないか、チェックしておくと良さそうです。


お菓子は母に見つからないように隠していましたが、見つかって結局何もないのに食べることになりました。今度揃えておこうと思います。
できれば、自分で焼き菓子などをそろえておくのがいいかもしれないですね。

今回の画像も、ぱくたそさまからいただきました。どれも、美味しそうですね!

脳トレと脳のリハビリ

今更ながらの話題ではありますが、脳トレ(脳のトレーニング)はある程度の効果があるようです。計算問題をはじめ、いろいろあって、本屋さんなどでも売られています。言葉としてはよく聞きますが、実際どうなのか不思議に思っていました。


あるお医者さんが書いておられていましたが、脳トレは40代からでも遅くないそうです。
確かに40を超えたあたりから、脳神経が死滅するとも聞いたことがあります。複数の言葉を後で言ってみる、計算問題、漢字書き取りなど、脳を鍛える内容はいくらでもあるそうで、普段から家族間で楽しみながらやってみると楽しそうです。母の場合、認知症が発覚する前からも、脳トレというと嫌がってやらなかったので、ほかの言葉で言いかえると良かったのかなと思います。

母が認知症になってから、脳のリハビリについても調べるようになりました。悲しいかな、この病気では完治することがありません。薬以外で症状が落ち着くようなものはないか、探しました。

認知症を患った人は、脳のリハビリを行うと良いそうで、「〇〇しながら××する」といったことも、認知症予防及び脳のリハビリに効果があることがわかりました。病院の先生からは、お出かけすることも認知症に良いとも聞きました。

一つのことを行ないながら、段取りを考える料理・新聞などの音読など、脳のリハビリに効果的なものはいろいろあります。認知症になっても、前向きに家族として続けていきたいです。楽しく取り組んで、症状が減っていくように、遅らせるようにしていけるようにしたいと思っています。

効果があればいいなとあまり期待を込めずに、脳トレや脳のリハビリに努めていきたいです。効果がなければ、落ち込みますから・・・。


脳が認知症という病に侵されると、仕事をする気があっても、仕事ができなくなっていきます。個人事業主の場合、廃業か人に譲るかどちらかになるでしょう。私の場合、仕事の性格上廃業になります。
介護のために仕事を辞める(辞めざるを得ないが本当でしょう)「介護離職」も辛いですが、自分の病気のために仕事を辞めないといけなくなるのも辛いです。
あと、仕事が覚えられなくなっていくのも辛いです。この病気の何が辛いって、根本的な治療法がないということです。辛いと言っても何も解決しません。できるところから手を打っていこうと思っています。

画像は、ぱくたそさまからいただきました。猫が可愛いです。


寒くなりかけています・・・そんな時の仕事着。

寒くなってきました。他の地方と同じように、広島も寒くなりかけています。 昨日の天気予報では、冬将軍がくるとのことで、油断ならない時期に入ってきました。インフルエンザの注射も未接種ですし、体調管理には気をつけないといけません! できるだけ温かく過ごしたいし、電気代も(できれば)...

人気があった記事です。読んでみてください。