今日は、デイサービスの申し込みをしました。


今日は、母がデイサービスへ通う手続きをとる日でした。
誰もいない昼間一人でいるのは、母にとって良くないでしょうし、認知症がこれ以上進んでほしくない、家族にはそんな思いもありました。
それは、亡くなった父が気にかけて、希望していたことでも、ありました。


今日は市役所の人とデイサービスの運営会社のケアマネさんが来られました。
歩いて30分ぐらい、クルマだと10分足らずのところにその施設はあります。地元の人なら多かれ少なかれ馴染みがある施設です。
「これからも元気でやっていけるように、(デイサービスは)どうですか?」と市役所の人に言われて、母も行ってみる気になったようです。案外素直だったのは、最近脳の衰えに自分でも危険を覚えたのかもしれません。

そのあとは、ケアマネさんとデイサービスがどんなものであるかとか、契約についてなど、いろいろお話を聞くことになりました。
その運営団体ではいくつかデイサービスやショートステイを経営されているそうですが、母が通うことになるのは、20人くらいの利用者さんがいるデイサービスになりました。
様々なプログラムもあり、女性の利用者さんも結構いらっしゃるそうです。割と自由らしいところも、母に良いかもしれないと思いました。

最初、認知症専用のデイサービスに行くようになるかなと思っていたのですが、どうもそうではないようで、要支援から要介護の人が通うデイサービスになるようです。
朝9時台にお迎えに来てくれて、夕方4時には自宅に帰り、週に2,3回通うことになりました。


いったんはサインして押印しました。他の身内にもサイン・押印してもらうことになります。見学は来週と決まりました。
明日は、某認知症に詳しい施設へ行きます。キャンセルができて、思いがけず早く診て頂けることになったのです。思った以上に速い展開ですが、せっかくのこの流れに乗ってみようかと思います。

認知症の患者を家族に持つ皆さん、大変なことがいっぱいあると思います。
お互いぼちぼち頑張っていきましょう!☆
今日もぱくたそさまから、画像をいただきました。


介護保険について(覚え書き・その2)


先日、介護保険について、市役所から通知が届きました。
介護レベルだけはわかりましたが、あとはチンプンカンプンな私、市役所の人から以前言われたとおり、電話してみることにしました。



介護認定を聞かれた後は、どこかの事業所のケアマネさんにバトンタッチすることになると言われました。これは、基本的には家族が見つけるらしいです。

市役所に相談する<事業所をリストで紹介される<その中で事業所を選ぶ<事業所のケアマネさんからデイサービス(人によっては、ほかのサービスになるかもしれませんが)を紹介される<デイサービスへ行くということになるそうです。

どこの事業所が良いか、私には全然わかりません・・・わからないというより、見当がつかないというほうが正しいでしょう。
ネットで知っている事業所は3つありますが、母にピッタリなところがわからないのです。以前、ある方が某介護ブログで事業所のケアマネさんがどんな方かわからないまま、接することになると書かれていましたが、まさにそうでした。

事業所は多くあります。私が住んでいるところでさえ、たくさんあります。
これが都会だったら、随分悩むことでしょう。実際、田舎暮らしの私も悩みました。

悩んだ私に市役所の人は、割と近くにある事業所を紹介してくれました。認知症でなくても、看板がありますので、地元の人なら知っている事業所です。

数時間経って、市役所の人から連絡があり、近くにある事業所さんのケアマネさんを紹介してくれました。幸い、人数がいっぱいいっぱいでなかった様子です。
その方と市役所の方、母と私で顔合わせのようなことをすることになります(混乱を避けるために、母には言わないことになりました)。


今日もぱくたそさまから、いただきました。

母は抑肝散を処方されて以来、効果があるようで、落ち着いた日々を送っています。
暴れて、警察を呼んだことが嘘みたいです。
でも、やっぱりデイサービスには行った方が良さそうかと思います。若いスタッフさんと接していると、頭の刺激になるのではないでしょうか。そして何かやっていることで、元気が出るかもしれないし・・・その間は、私がしっかり仕事ができそうです。

それよりも、今度の顔合わせのようなこと、うまくいくでしょうか。
不安もあります。今、デイサービスへ通いだして、生き生きしてきたひとの話をしたりしています。うまくいくといいなぁ。


今日、新聞社から購読料について、電話がありました。

こんなことを書くと、何か私がしでかしたみたいなので、問題ありそうなタイトルですが、内容は不安になるようなものではありませんので、ご安心ください。



今日は、朝から四十九日のことでちょっとした騒ぎとなっておりました。
いずれは、母のフォーマルを用意しないといけないし、夜になってアレがないコレがない、と言ったり聞いたりしないといけないのは、問題がありそうだからです。
でも、たぶん明日の朝も騒ぎになるでしょう、認知症だから仕方ないのか・・・どうしたものかと思います。

そんな中、一本の電話が入りました。
いつも購読している某新聞社からでした。
7月分の口座引き落としができないので、どうしましょうか?という内容でした。
引き落としができない・・・父の口座が凍結されていたからです。私は、先月口座振替の名義人を変更するよう、郵便で用紙を取り寄せた上で送ったことを話しました。
新聞社からの話によると、7月分の新聞購読料については、来月に2か月一度の引き落としにするか、もしくは集金になるそうです。正直どちらでも良かった私(ごめんなさい・・・)は、お宅様の都合の良いほうで構いません、と答えました。
すると、向こうから引き落としが良いとのこと。無理はありません、今月も来月もきっと、いえほぼ間違いなく暑いに違いありません。本当に困った気温が続いていますから。



わたしの銀行口座に、新聞、上下水道、電気、プロバイダの料金を口座引き落としにするよう、すでにお願いしてあります。もちろん、税金もです。
そうしておけば、確定申告のときに計算しやすいかなと思っています。
そして、何より私に世帯主として、個人事業主として自覚をもてることにつながることでしょう。違うところへ行った父に安心してもらえるといいなぁと、思っています。


久しぶりにクラウドソーシングネタ。


最近、認知症や熱中症の話題を主に書いてきたので、今回はクラウドソーシングについて、久しぶりに書いてみます。




一時は、ライティングを請け負うこともあった私ですが、最近ライティングの仕事より、アンケートが増えてきたように思います。

個人的な意見ですが、アンケートは、クラウドソーシングや在宅ワークの初心者に一番向いている作業のように思います。そして、同じアンケートでも、アンケートサイトよりクラウドソーシングの方が、私にとってやりやすいし、少し実入りが良いのも魅力です。

ライティングは第2の仕事としていました。ただ、時間がそれほどないという制約上、短い文章を書くことが多いです。それが、最近は段々と難しくなってきました。
私にすぐ書けそうな仕事が少なくなってきました。これは恐らく人生の内容によるものかもしれません。ここでは書けないような人生経験もなく、修羅場を体験していなかったこともあります。

それに「〇〇を使った感想」は、庶民には書けないです・・・買って使ったフリして書くのもどうかと思いますし・・・。




それでも、少ないながらもライティングの仕事はあります。
書けるものを見つけていって、同時にアンケートをたくさんこなしていこうと思っているところです。やることをやっていってこそ、道は開けると思っています。

今日もぱくたそさまから、画像をいただきました。

ひとりサマータイム

日々暑く、やる気がそがれそうな、いやそがれてしまっている毎日です。
でも、やる気がないとはいえ、仕事をしないわけにもいかないのが、個人事業主です。
そこで、少しでも快適に仕事ができるように考えてみました。
その結果がサマータイムです。



環境省 のサイトにある、サマータイムの見解はこちらです。
 サマータイム(夏時間制度)は、太陽の恵みを活かし、日中の明るい時間を有効に活用しようとするもので す。例えば、全国の標準時を4月の第一日曜日、午前2時に時計の針を1時間進め、3時にします。そして10 月の最終日曜日の午前3時に時計の針を1時間戻し、2時にします。こうすることで4月~10月の期間、起床 ・終身時間も、働く時間も今までどおりでありながら、夕日の沈む時間が1時間遅くなります。明るい夕方の時 間が1時間増えることによって活動しやすくなります。これがサマータイムの具体的な方法です。 
このサマータイム制度で、省エネや交通事故・犯罪の減少、ワーク・ライフバランスの実現ができるそうです。

ただ、本当のサマータイムに体はついていけるのか、心配があります。
そこで、ひとりサマータイムをやってみることにしました。
どうってことはありません。ただの前倒しです。少し早めに起きて、家のことをざっくりと終えたら、本業の前から副業をするのです。そして、早めに就寝します。
いつもだったら、本業の後にするのですが、だらだらしがちになってしまいます。時間を無駄にしないよう、取り組んでみます。うまくいけば、省エネになるかもしれません。
認知症の家族がいるのに、どれだけできるかわかりませんが、やってみようと思います。

今日からひとりサマータイムをやってみます。
おまけ:ひとりサマータイムでクラウドソーシングをしましたが、1件非承認になってしまいました。

暑さに注意したいです・・・熱中症予防あれこれ。

お疲れ様です。最近、暑い日が続きます。
葬儀後は、いろいろなことがありました。幸い、もめ事やトラブルは、今の時点まったくなかったので、助かっています。

そんなとき、怖いのが熱中症です。
母に熱中症で緊急搬送されたら、一泊二日で7,8万円するらしいと脅していますが、
実は私も熱中症に気をつけなければなりません。


ネットやテレビなどで、熱中症予防について、取り上げられていたので、まとめてみました。

・水分をこまめにとる・塩分をほどほどにとる・栄養分の摂取が大事。
・お水・お茶やコーヒーを飲むより、ミネラル分を摂取できる麦茶・スポーツドリンクがベター。
・休憩をこまめにとる。
・睡眠不足も、熱中症を招くリスクの一つ。
・エアコンなどで、室内を涼しくしておくこと。それでも、水分・塩分・栄養分の摂取をこころがける。
・通気性の良い服を着る。

それでも、熱中症になってしまった場合は、早めに病院に行くと身体のダメージが防げるそうです。

高齢者が家にいる場合、エアコンをもったいないなどと言われることがあります。我が家がまさにそうです。これだけ日々死亡者が出ている今は、電気代より治療費がずっとお高くついてしまう、脳をはじめダメージを受けてしまうことを繰り返し説得しています。

仕事先でも身体の具合が悪かったり、自分以外の人でも具合の悪そうな人がいたら、病院へ連れて行ってあげたり、何かできることがないか、素早く手を打つことも必要になるかもしれない・・・そんなことを考える暑い一日の終わりでした。

意外な理由で、国民健康保険も、口座振替にしました。

一昨日ごろ、国民健康保険(以下、国保と称す)の支払いについて、市役所から来ました。他の市民税や県民税、国民年金を口座振替にしていたにも関わらず、なぜだか、私は国保を口座振替にしていなかったのです。



用事があって、20分以上かかるコンビニまで行ったときに、ついでに振り込みましたが、この信じられない暑さの中を歩いて、コンビニに入ったときに、のんきな私も口座振替にしようと思いました。

国保について、振込用紙と共に、市役所からは口座振替を希望する人は、口座振替にするようにと案内が入っていました。わざわざ、ハガキが同封されており、そのハガキに口座番号と名前を記入して、送り返すだけで良いそうです。便利と言えば、便利ですね。

私は、仕事先からの収入が入るのと同じ銀行口座で、国保を振替してもらうように依頼しました。振替できないことは、(恐らく)ないでしょう。税金と国民年金、それに国保を取り敢えず同じ口座から振替しておくようにすれば、お金の動きもわかって良いかもしれません。確定申告のときにも、参考になりそうです。

振り込みに行くのに、我が家はちょっと難儀な場所にあるのが、今回口座振替にしようと思った理由でした。もう暑くて、いっぱい汗をかいて、熱中症寸前までいきそうになったのです。郵便局や銀行まで歩いて10分以上、コンビニまで15分以上かかるところに住んでいる身には、口座振替にしたほうが便利だし、この暑い夏に身体を壊すファクターがなくなって良いかもしれないと思いました。




税金に国保に、国民年金。いずれも私を助けてくれるであろうものたちですが、決してバカにできない金額です。私も頑張って働こうと思いました。

余談ですが、父の死後、電気代、ガス代、プロバイダ料金、NHK料金、水道代も国保と同じ口座から、引き落としてもらうようにしました。確定申告で、計算しやすくなればいいなぁと思います。

今日は、デイサービスの申し込みをしました。

今日は、母がデイサービスへ通う手続きをとる日でした。 誰もいない昼間一人でいるのは、母にとって良くないでしょうし、認知症がこれ以上進んでほしくない、家族にはそんな思いもありました。 それは、亡くなった父が気にかけて、希望していたことでも、ありました。 今日は市役所...

人気があった記事です。読んでみてください。