いろいろやっておかないといけないことがある・・・(家族の死亡に際して)

家族が亡くなってから、1か月近く経ちました。
死亡届と火葬許可証に関する手続きは、葬儀屋さんにしてもらい、あとは家族である私たちが行うことになります。




葬儀社の方から、市役所に行って行なう手続きについてのプリントをいただいてから、いろんなことがありました。

葬祭費を受け取り(亡くなった人が国民健康保険加入者の場合)から、市役所での手続き、年金事務所で遺族厚生年金の手続き保険の請求銀行口座の相続請求などなど、いろいろなことがありました。ここまで言っていながら、まだ全部終わっていません(;'∀')
父が貯金していた銀行口座の相続に関する手続きでは、出生から死亡までの連続した戸籍謄本(ゆうちょは16歳から死亡までだそうです)を取り寄せたり、相続人全員の印鑑登録証明を用意したりするようになります。(他行さんはどうかわかりませんので、確認されることをお勧めします)。私は印鑑登録をしていなかったので、改めて市役所に行って印鑑登録のための手続きをとることになりました。

同居しているかどうか、などでお渡しする書類も違うようですので、役所などには確認をとっておくと無難だなと思いました。




それでも、今の時点ではもめそうにないから、楽とも言えます。
あれが家族が多かったり、欲張りな人がいたりすると、家族は何かと大変だったでしょう。
私たちが非常に助かったのは、生前、父は様々な書類をちゃんと保存してくれていました。おかげで、電話で聞くことがあっても、書類がないのでわかりません、と言うことがほとんどありませんでした。私も残しておこうと思いました。

ついでに書きますと、私は二度足を踏みたくなくて、市役所をはじめ、いろんなところに電話したのが、今のところ、楽させてもらったことにつながったと思っています。この暑い中、バスに乗って市役所に行くのは少し大変です。仕事をする時間も体力も気力もなくなって、もったいないことになりかねません。
相手方の電話応対も聞けて、良い勉強になりました。

明日は、問い合わせすることが別に出てきそうです。
仕事と一緒にやることがありますが、体調を壊さない程度にやっていこうと思います。



気持ちが落ち着けられる方法があるといいと思います。

私の場合、誰とも接することなく、仕事を進めていくことが多いです。 同僚も上司もいない仕事部屋で、仕事を進めていくのです。きっと、職種関係なく、一人で仕事をして、納める人は多いでしょう。 仕事をしていて、こころがざわついたり、落ち込んだりすることはあります。 そんな...

人気があった記事です。読んでみてください。