個人事業主のプライベートの境界線について。

家で働く人(個人事業主、在宅ワーカー、テレワーカー)がおっしゃる言葉で、よく聞くものがあります。家(プライベート)と仕事の区別がつきにくくなる」というものです。
私も職住隣接です。正式に言いますと、隣接というより、一軒家に両方あるのですが。


この状態で仕事をしたくない…
仕事と家というプライベート空間がワンセットになっている状態は、一見大変そうに見えるでしょう。

特に同居している家族がいる場合、もしかしたら困ることもあるかもしれません。(仕事中に呼び出されそうになることは、時々あります)

私の場合、元々自室だったところを、仕事部屋として自分で用意しました。本業は基本そこで行っています。本業が終わったあと、クラウドソーシングも仕事部屋で行なうことが多いです。ウィンドエアコンも電気ストーブもありますので、とても快適です(笑)

本業のために、仕事部屋を用意したのは、仕事柄、音をできるだけ遮断し、家族の出入りがあってはいけないからです。




ただ、仕事によっては、家族と一緒、もしくは近くで働いても問題こともあるでしょう。介護が必要な方は、そのほうが介護される方も落ち着くように感じられます。ただ、集中したいときに、話しかけられると困ることもあります。

要は、仕事と家庭の切り分けは必要ですが、仕事の内容だだもれにならない情報漏洩につながらない、仕事先(お客様)に迷惑をかけない、そして家族も迷惑に思わなければ、プライベート空間で仕事をしても問題がないのです。

実際、在宅でなくても、仕事とプライベートをきっちり分けられる人は、そんなにいらっしゃらないように思います。休んでいる最中でも、仕事のことを考えたり…そして、プライベートなときにも、仕事のアイデアが浮かぶことってありませんか?私は、仕事の目標については、本業がお休みの時に、思いつくことが多いです。在宅で働く前からそうでした。人間は不思議なものですね。休みたいときに限って、仕事のことを思いついたりするのです。そういったこともあり、無理して、仕事とプライベートを分けなくても良いのではないかと、考えています。

話は逸れますが、私自身、クラウドソーシングを通して、仕事を本格的にしていくようであれば、家族のそばで仕事をしたいです。家族がテレビを見ていたり、ラジオを聴いていたりするときに一緒にいることで、ブログ記事ネタが浮かび上がってきそうです。ちょっとだけ節電になるかも(その場合は、「按分について〜個人事業主と確定申告〜」を参考にしてください)と思うからです。小さな子どもがいる人、介護をしながら仕事をする人だったら、むしろ家族のそばで働くほうが、気持ちが落ち着くのではないでしょうか。

こんなに自然環境に恵まれた場所で、ネット、しかもwifiが使えるとはすごい…

色々書きましたが、それぞれの判断で仕事をして、仕事先やお客様に迷惑をかけなければ、OKかと思います。情報の扱いだけは、大事にしていきます。

※今日もぱくたそさまからいただきました。「誰が使うの?」 使いこなしてみたいフリー素材集のものです。


いろいろやっておかないといけないことがある・・・(家族の死亡に際して)

家族が亡くなってから、1か月近く経ちました。 死亡届と火葬許可証に関する手続きは、葬儀屋さんにしてもらい、あとは家族である私たちが行うことになります。 葬儀社の方から、市役所に行って行なう手続きについてのプリントをいただいてから、いろんなことがありました。 葬...

人気があった記事です。読んでみてください。