個人事業主とマイナンバーについて<確定申告>

個人事業主とマイナンバーについて。


個人事業主として、働くとマイナンバーが気になる人もいると思います。
マイナンバーの通知書しか持っていない私ですが、今年の確定申告はどうするか、改めて調べなおしました。

個人的には、ハートマークをまったく使わないのですwww


国税庁のHPによりますと、
「確定申告書等については、税務署へ提出する都度、「マイナンバーの記載」 + 「本人確認書類の提示又は写し※の添付」が必要になります。
本人確認書類については、原本を添付することのないようご注意ください。とあります。
当然と言えば、当然ですが…。(下線部は筆者によるものです)

マイナンバーカードを持っている人は、マイナンバーカードの写しを、
マイナンバーカードを持っていない人は、マイナンバーが印刷されている通知書(細長い紙です)と、住民票の写しもしくは住民票記載事項証明書のどちらか、計2種類と、パスポートや保険証などマイナンバーの持ち主であることを証明できる身分証明があると良いです。詳しくは、国税庁のHPを参考にしてください。

私は今もマイナンバーカードを持っていないので、今年もマイナンバーが印刷されている通知書と、身分証明書のコピーを用意することになります。

チョコレート食べたいです。

マイナンバーカードを用意しようかと家族で話し合っていますが、いつも迷ったままで終わっています(笑)。今後も仕事を続けて、青色で申告を続ける場合、マイナンバーを取得することもありかもしれないと思いました。

参考までに、マイナンバーには、「行政の効率化・国民の利便性の向上・公平、公正な社会の実現」のためだそうです。私がマイナンバーの恩恵を受けることができるかわかりませんが、少しはマイナンバーカードの取得については、考えてみようと思っっています。

※今日の画像も、ぱくたそさまからいただきました。
どれも美味しそうですね。

追記:マイナンバーの通知カードは、死亡後もとっておいた方が良いです。
筆者も市役所にて高額医療費の支給申請手続きを行ないましたが、事前にいただいていた書類に亡くなった父親のマイナンバーを書き込むことになりました。マイナンバーに限らず、大事な書類はとっておいた方が良さそうです。



新しい元号になって、何が変わるだろうか?

新しい元号が決まりました。まだ慣れてはいませんが、半月で変わると思うと、不思議な気持ちです。 私は、直接的には元号が変わったことに、仕事は変わりません。仕事のときには、西暦で言っているからです。はんこ屋さん、印刷業の皆さんは忙しく、大いなるビジネスチャンスがあるでしょうが、私の...

人気があった記事です。読んでみてください。