個人事業主としてのデメリットについて、考える。

昨日は、個人事業主になって良かったことを書いてみました。
でも、お読みになった皆さん(どれだけいらっしゃるでしょう・・・)は、こう思うでしょう…「でも、個人事業主としてのデメリットもあるでしょう?」




率直に言います。デメリットは、確かにあります。
ひっそり言いますが、私自身、派遣社員だったころに比べると、収入が下がりました。家族の通院につきあったりしていましたから、当然です。

恐らくどこの個人事業主の方もそうだと思いますが、仕事をすればするほど、収入が増えていきます。単価の高いものを選ぶようにすると、なおさら増えます。ただそこで、私がお金に目を向けて、適当な仕事をしていたら、収入はそれほど変わらなかったでしょう。家族についても同様です。
ただ、お客様あって、仕事先あって、家族あっての個人事業主である私です。
仕事は適当なことはできませんし、家族に対しても適当なこともできません。
もっとも、このことは、個人事業主以外の労働形態でも言えることではないでしょうか。ただ、個人事業主は、基本給という概念がないので、浮き彫りになるように感じられます。

それでもいくら外に出て働くほうが割が良いとはいえ、私が外に出て働いていたら、家のことが気になりすぎておかしくなりそうです。大体、お休みが思うようにとれませんし、私の心身ともども、おかしくなっていたのではないかと思います。

私の場合、個人事業主として、家で働くというメリットが、収入減というデメリットをはるかに上回っていました。

あと、一人でいることが辛いひとも、個人事業主になると大変だと思えるかもしれません。私は、一人仕事場にいても、まったく淋しいとか、辛いとかありません。鈍感だから、続いているのでしょう。もっとも、家族が下の階にいることが大きいのですが。もし、大きなフロアで、大勢の人と一緒に働くほうが好きな人にとっては、違和感があるかもしれません。

収入の面だけ、個人事業主としてのデメリットを感じた私は、副収入を探しました。



私が個人事業主として働く際、唯一のデメリットである収入の少なさを補うべく、第2の収入源になるものを、探しました。クラウドソーシングで働くことにしています。(※クラウドソーシング:主にネット経由で、大勢の人に業務を委託するもの)たいそうな収入はありませんが、できることが増えて、自分としては良い選択をしたかなと思っています。

紆余曲折ありましたが、現在は、クラウドソーシングでタスク作業(単発作業)を第2の仕事と位置づけています。
本業も第2の仕事も、パソコンとネット環境を生かして仕事をしています。

今年の目標は、もっと仕事をして、収入を得ていくことです。
言葉にしたら、俄然やる気が出てきます。頑張って働こうと思います!



今日も画像は、ぱくたそさまからいただきました。
では、皆さん、ごきげんよう。

いろいろやっておかないといけないことがある・・・(家族の死亡に際して)

家族が亡くなってから、1か月近く経ちました。 死亡届と火葬許可証に関する手続きは、葬儀屋さんにしてもらい、あとは家族である私たちが行うことになります。 葬儀社の方から、市役所に行って行なう手続きについてのプリントをいただいてから、いろんなことがありました。 葬...

人気があった記事です。読んでみてください。